9月1日、水戸市内で自民党県連・茨城県議会主催にて、故山口武平氏「お別れの会」が開かれ、麻生副総理や関係者多数が参列し、別れを惜しみました。
 私自身は、党派も異なり、県議の経験も無い事から、個人的なお付き合いは有りませんでしたが、茨城の戦後史に、大きな役割を果たした人物として参列致しました。                         合掌

 福島県富岡町に在るJビレッジが再開したとのニュースに接しました。31日に約一年ぶりに福島へと常磐道を北上し、富岡インターで一般道へ。国道6号に向かう道の左側は依然として「避難指示区域」で、今も当時の姿を留めていました。
 Jビレッジは、サッカー場・陸上グランド、ホテルなどが整備され、五輪に備えて美しく再生されていました。
 一方で行き交う車は復興関係車が多く、復興の長期的である事を改めて実感させられました。

 秋は名のみの暑さが続いています。8月25日には那珂市の「ひまわりフェスティバル」に参加しました。ひまわり畑には「春りん蔵」という油が多く取れる種類が植えられていましたが、「暑すぎてひまわりも頭を下げているよ。」との言葉が印象的でした。
 行けば寄る「歴史民俗資料館」は、前回の国体展を開催中で、飯村秘書は「私が出た開会式(のDVD)だ。」と喜んでいました。

 4日は台風21号が直撃するニュースが前から続いています。台風一過の結果は、関空閉鎖や人的被害が報じられています。
 その日、東京では国民民主党の代表選挙が行われ、玉木代表が選出されました。
 6日早朝には北海道で震度7の地震が発生。被害の全容は未だ判明しませんが、不明者の救出などが急務となっています。
 7日には自民党総裁選が告示され、こちらは前哨戦から各紙を賑わしています。予想どおり安倍総理の三選になれば、その日から次の総理への道が始まります。
 それが、これ迄どおり自民党なのか、代わり得る政党が育つのか、それにどう係われるのかを模索して行きます。

▲茨城交通労組大会で
▲つくば市敬老福祉大会で
9/14
▲情報労連茨城県協議会大会で
9/8
9/11
9/12
▲JP労組筑西退職者の会総会にて
▲駐日モンゴル大使の表敬
▲自治労県職退職者の会の皆さんと公邸で
▲ひたちなか市中根地域の敬老会で
▲国民民主党役員の皆様が来訪
9/18
9/14
▲茨城県原子力労連労使懇談会で

2018年 9月 6日

それ以外の記事はこちら

いま一度   確かな歩みを

9/17
9/18
▲JA北つくば労組大会
▲日立労組・大みかOB倶楽部総会にて
9/13

参議院議員  郡 司  彰

参議院議員 郡司 彰 3期18年のあゆみを
スライドショーでご覧いただけます。

9/19
▲各労組定期大会で
▲福島県富岡町・広野町、Jビレッジを視察
8/31
9/7
▲電機連合茨城地協大会で
SSL GMOグローバルサインのサイトシール
公式サイトの確認方法
甲子園のような熱い国会に。(2018.8.23)
73回目の夏を迎えて(2018.8.12)
通常国会終わる(2018.7.24)
国会が会期延長(2018.6.20)
ぐんぐんニュース№62より(2018.5.30)
国会会期末まで1ヶ月。(2018.5.21)
政権交代に向けての想い(2018.5.7)
先行き不透明な国会で(2018.4.19)
9/17
9/14
▲連合茨城青年委員会が国会・公邸へ
9/12