9/9
▲現会派での最後の議員総会に臨む
7/3
▲水郡線袋田・大子間の新鉄橋建設現場で
それ以外の記事はこちら
「立憲民主党」始動。(2020.918)
合流新党代表選始まる(2020.9.7)
合流新党に参加します(2020.9.1)
安倍総理辞意表明を受けて(2020.8.28)
野党合流へ!(2020.8.24)
閑かな”平和を考えるとき”(2020.8.3)
野党結集に期待!(2020.7.20)
コロナ禍、豪雨水害~国会で政治判断を(2020.7.8)

参議院議員 郡司 彰 3期18年のあゆみを
スライドショーでご覧いただけます。

▲八木岡努JA茨城県中央会々長と
7/22
7/22
▲日立労組土浦支部大会で
▲鈴木邦彦茨城県医師会々長と
9/23
9/15
▲新会派初の参院議員総会で
▲内山裕連合茨城会長と
9/23
9/23
▲連合茨城中央地協役員の皆さんと
8/6
9/4
▲電機連合茨城地協定期大会であいさつ
7/17
▲JA共済連茨城労組大会で国政報告
7/20
▲細田後援会長とJヴィレッジを視察

              ごあいさつ

 この度、私の政治活動を取り巻く情況に変化が生じましたので、報告させて頂きます。

 振り返りますと、参議院副議長在任中の2018年5月に、私の選出母体でありました民進党(当時)が解党しました。爾来私は政党に属さない議員として2年4ヵ月の間、政治活動を続けて来ました。

 その想いは、分列している野党が結集し、この国の民主主義を健全な姿に取り戻す必要が有るとの事でした。曲折は有りましたが、9月15日には、それまで協議を続け、綱領・規約を合意した上で、衆参150名により新「立憲民主党」(枝野幸男代表)が発足しました。

 16日には首班指名を行う第202回臨時国会が召集され、第99代・戦後32人目となる菅内閣が発足しました。この間、現職閣僚から早期解散が度々発言されるなど、任期を一年未満とした衆議院選挙は、正に常在戦場の感を強くしています。

 この期に及び、私も休眠から覚め、県内から与野党逆転を掲げ、尽力する考えでおります。これまでも折に触れご交誼とご支援を賜って参りましたが、私の思いをご理解下さいますようお願い申しあげ、直近の報告と致します。

    2020年9月24日



      
       参議院議員  郡 司  彰

▲茨城県議会家民フォーラムの皆さんと
▲合流新党についてIBS取材を受ける
9/11
7/20
▲福島県広野町の防潮堤で
7/27
▲頑張ろう!街中華店で
7/9
▲大久保太一常陸太田市長と懇談
9/23
▲日本中央競馬関東労役職員の皆さんと