▲福島のぶゆきさんを囲む会であいさつ 

 3月28日、2020年政府予算が成立しました。新型コロナの影響より前にGDP成長率はマイナスとなっており、大幅な税収不足が生じる事はほぼ確実とされています。
 審議はコロナ対策も時間を割きました。本来なら野党の主張する組み替えを受け入れ、大型の対策を早期に打ち出すべきでした。
 桜、カジノ、検事長人事等々、行政を担う政府の信頼を損なう安倍内閣の姿勢は、終盤に森友問題での対応で更に失墜する事となりました。

 新型コロナが茨城でも感染者が判明して以降、既に29日現在で16例を数えています。世界的大流行とWHOが発表してからの欧米、そして今はアフリカにも伝播しています。
 今朝のニュースは速報で志村けんさんが亡くなったと報じました。東京での拡がりは20~30代の経路不明者が多く、感染爆発の予兆との意見も出ています。
 私も移動を控え、在京で過ごす日々ですが、一人ひとりの辛抱や自重が必要なのでしょう。

 政府の具体的対策が決まりません。地元の事務所からの連絡では、「緊急融資の扱い」についてや、「私の処の補償はどうなるのか」との問い合わせが届いています。
 4月からの学校再開は、休校当時より環境が改善しているのか、などの疑問も有ります。
 与野党連絡協議会において、あらゆる政策を総動員し、迅速・集中した的確な方向性が求められています。

 予算が終われば各委員会での法案審議が始まります。私の所属する農林水産委員会では4月2日に「食料・農業・農村基本計画」についての集中審議を行う予定です。私も30分の質疑を行う予定です。何故に基本計画が関係する人々に関心を持たれないのかを質していくつもりです。

 例年なら、この時季は異動やら新入学やらで、人の移動が付きものですが、今年は少し違った様相となりそうです。
 当事者にとっては大変でしょうが、皆で乗り越えていくしか有りません。
 ご自愛を!

2/23
▲横須賀志郎氏叙勲祝賀会で 
2/18
▲原子力ユニオンの皆さんと 
2/15
2/3
▲水戸八幡宮節分祭で「福は内!」 
▲立正佼成会日立教会節分会にて 
1/24
▲常総市立水海道小学校の皆さんが国会へ 
1/21
▲日立市勤労者協議会新春交流会 
1/18
▲JP労組県連協のつどい 
▲ひたちなか市体育協会振興大会にて 
1/19
▲農水委員会で質問(クリックで記事へ)
4/2
2/21
2/28
▲県農協健保の要請を受ける 
▲JA共済連茨城幹部学習会で講演 
2/28
▲自治労・農水省との意見交換会で 
2/11
2/9
2/2
2/2
▲鈴木誉志男さんに感謝する集いで 
▲JEC連合茨城地連新春旗開き 
1/21
▲連合下館地区協のつどい 
▲自治労茨城県本部新春のつどいで 
1/23

2020年 3月30日

1/16
▲日立労組大みか支部旗開きで 
2/2
1/18
▲茨城県退職者連合のつどいで 
衆議院予算委で審議続く(2020.2.13)
補正予算を採決。舞台は本予算審議へ(2020.1.31)
第201回国会始まる(2020.1.20)
野党結集で、伯仲国会を。(2020.1.1)
力を”結集”しよう(2019.12.23)
臨時国会閉幕。野党合流へ加速(2019.12.10)
季節外れの”桜”で国会日程窮屈に(2019.11.18)
農水委で約3年半ぶりに質問(2019.11.11)
▲「支える会」国政報告会参加の皆さんと 
▲JP労組水戸支部のつどい 

参議院議員 
郡 司    彰

▲吟道祥陽会新春のつどいで 
▲JP労組日立支部退職者の会新年会 
1/25
1/26

参議院議員 郡司 彰 3期18年のあゆみを
スライドショーでご覧いただけます。

それ以外の記事はこちら