▲ひたちなか市消防出初め式で
1/9
1/19
▲自治労茨城県本部の旗開きで
1/6
▲連合茨城新春のつどいで鏡開き
1/14
▲那珂市新年賀詞交歓会にて
12/14
▲茨城県農林水産業関係団体懇談会で
12/13
▲伊達忠一前参院議長「掲額式」
11/27
▲連合水郡地区協・列島クリーンキャンペーンで
12/4
▲県西地域支援者の皆さんと
11/19
▲立憲民主党県連常任幹事会で
それ以外の記事はこちら
第208回国会始まる(2022.1.17)
年の始めは穏やかな晴天(2022.1.5)
年頭あいさつ(2022.1.1)
臨時国会始まる。立憲新代表は泉健太氏(2021.12.8)
党代表選挙、さらなる論争を(2021.11.26)
来夏の参院選出馬辞退を表明(2021.11.16)
総選挙終了。心機一転(2021.11.8)
変えよう!茨城から(2021.10.19)

衆議院で始まった予算委員会は、このままの流れだと2月第3週にも採決の上で、参議院に送付される見通しとなりそうです。
法案も与野党対決を避ける意味もあり、絞られている事から、このペースは岸田総理の思う壺、与党ペースになりそうですが、今後の論戦に期待したいと思います。

 農林水産委員会の政府提出法案は6本で、いわゆる束ねと言う審議が目論まれています。つまり6本を2本×3回で行う方式で、悪い事ばかりではありませんが、正直あまり感心はしませんです。加えて、大臣所信に対する質疑や、法案ではない一般質疑も入って来ると思われます。

 コロナ感染症もオミクロン株に移って、色々と対応や反応も違って来ています。既に欧州などでは、マスク着用も限定的と報じられていますが、日本はワクチンの3回目接種が遅れており、まだ注意すべき行動が必要と考えます。
今週も予定していた行事等の中止や延期の連絡が続いています。
この一年、この二年が生涯において重要な時期と重なる人達、とりわけ若い世代の人がかわいそうになります。

 国会が召集されてから、今日1月27日で12日が過ぎたことになります。裏返して言えば、残り138日間で閉会となります。
このペースで進むと、議員会館、宿舎そして水戸事務所等の整理に取り掛からないと、あっと言う間に慌てる事になるなと思っています。

 農水部会で雪害の報告を受けます。毎年の事ながら、茨城は住み良い処と実感させられます。
まだ春は名のみですが、今年も花粉症が始まり、少しずつ季節の移り変わりを感じての在京生活です。


     2022年1月27日

              参議院議員  郡 司  彰

1/11
▲ひたちなか市の賀詞交歓会
12/14
▲大畠章宏前衆院議員と歓談
12/7
▲フード連合「さとうきび施策」要請
▲城里「里山再生プロジェクト研究会」で
▲日立市職・日立水労2022旗開きで
11/15
▲”出馬辞退”記者会見で

参議院議員 郡司 彰 3期18年のあゆみを
スライドショーでご覧いただけます。

1/21
▲参議院国家基本政策委員会で
1/6
▲東海村賀詞交歓会であいさつ
12/19
1/5