3/25
▲農水委員会で「林業労働力確保」の質問
3/18
▲獣医師・獣医療政策議連打ち合わせで
4/4
▲「ガンバロー!」立憲民主党県連大会で
▲ひたちなか海浜鉄道・中根駅は桜満開

 4月6日午後に参議院議員会館講堂において、「協同労働推進議員連盟」設立総会が開かれ、超党派の各党議員やワーカーズコープ関係者などが参加し、役員や規約などを決めました。役員は篠原衆議院議員(立憲)と枡屋衆議院議員(公明)が共同代表に就き、当日は顧問5名中、河村達夫(自民)、太田昭宏(公明)、郡司彰(立憲)の3名が出席し、それぞれ挨拶をしました。来賓として全国知事会々長の飯泉徳島県知事などが出席し、自治体や関係団体の関心の高さを示していました。

 7日は農水部門会議が開かれ、畜舎を建設する際の基準を緩める法案に関し、農林水産省水田局長などから説明を受けました。簡単に言えば震度5程度では壊れない建物であれば許可が出るとの内容で、これ迄も「畜舎と人の住まいが同規準でなくても良いのでは」との声は多く聞かれていました。処が福島選出の金子恵美議員が「震度5で牛や豚の安全は守れるのか」との意見が出て、これには私も考えさせられてしまいました。

 8日に広島と長野で参議院選挙が告示となりました。広島は河井案里議員の失職による再選挙、長野は53才で急逝した故羽田雄一郎氏の補欠選挙です。この後、13日には吉川元農相の辞任による衆院北海道2区補選が告示されます。私は今週に長野の応援に入る予定ですが、友人からは「長野の知り合いに電話するよ」との嬉しい連絡も入っています。総選挙の前哨戦として良い結果を目指します。

 9日に復興本部と環境、経産、農水の合同会議が開かれ、福島第1原発のいわゆる処理水の処理について、政府の説明を受けました。否、受けるつもりでした。説明は一切なく、13日に公表するかどうかも言質を取られまいと必死でした。この対応では、多くの国民、ましてや漁民や福島県民の理解を得るのは難しいと思わされました。

 予算は成立しても、課題は山積です。国会の論議に注目して下さいね。大事な総選挙で判断を誤ることのない様にしましょう。


   2021(令和3)年 4月12日

           参議院議員 郡 司  彰

3/19
▲獣医師・獣医療・「ワンヘルス」政策議連を設立
3/8
▲岸・小沼議員、美浦トレセンの仲間と
3/9
▲林野労組と打合せ
▲ワーカーズコープの皆さんと
1/8
▲新加盟の皆さんと
▲筑西市・三反崎さんと
12/18
▲茨城県教職員組合の皆さんと
3/19
▲茨城県獣医師会館にて
2/24
12/26
12/22
3/17
▲つくば市民ネットの皆さんと
それ以外の記事はこちら
立憲県連大会開く(2021.4.5)
コロナ禍、次年度予算が成立(2021.3.29)
「獣医師政策議員連盟」を設立(2021.3.22)
1都3県の緊急事態宣言が延長(2021.3.8)
予算審議続く・・・。(2021.2.24)
夜中の地震にドキリ(2021.2.15)
緊急事態宣言、延長される(2021.2.9)
立憲民主党2021定期大会もリモートで(2021.2.1)
1/31
1/12
▲「ワーカーズ議連」設立総会で
4/6
▲2021立憲民主党大会もオンラインで
▲遠藤県議と後援会の皆さん
▲設楽県議、三澤筑西市議が来訪
12/17

参議院議員 郡司 彰 3期18年のあゆみを
スライドショーでご覧いただけます。