73回目の夏が来ました。
 私は、7月下旬から県内各地域の集いに出席する度に、「一年の内、8月だけでも平和を願い、行動する月にしたい。」と話をしています。

 8~9日には昨年に続いて、長崎平和祈念式典に参加するため、長崎市を訪ねて来ました。
 先ず、8日は「恵の丘長崎原爆ホーム」を訪ね、松崎ヒロ子理事長らから説明を受けた後、被爆者であり、利用者である皆様がロビーで合唱する中を迎えられました。
 更に入居者が待つ部屋に入り、8名の方々を慰問させて頂きました。入居者は一番若い方が72歳(胎内被爆)で、平均は88歳との事でしたが、温かい心を感じられる方々でした。お元気で、と心から思いました。
 翌9日は、暑い日差しの中での式典でした。
 しかし、被爆犠牲者を慰霊し、再び被爆者を生み出さない想いを抱く参列者は、進行の流れを真剣な眼差しで見つめていました。
 私の隣は、現職として初めて参加した国連のグテーレス事務総長でした。日本の国が果たす役割が何かを訴えた姿勢に拍手を送りました。

 15日の全国戦没者追悼式に参加をします。
 今年は平成として最後の式典になりますので、心して臨んで参ります。
 16日には那珂湊で催される「万霊供養灯籠流し」、更に17日には「ひたちなか市戦没者追悼式」に参加をし、平和を考え、想いを新たにするつもりです。

 9月に入ると、4日には国民民主党の代表選挙。20日には自民党の総裁選挙で安倍総理の三選成るか。そして月末には立憲民主党と公明党の党大会が続きます。
 秋の臨時国会はいつ召集されるのでしょうか。その際の与野党の顔触れは如何にとの興味もさる事ながら、野党の結集に何を為すべきかを具体的に模索していきます。

 暦の上では秋とは言え、残暑とも言えず猛暑が続いています。くれぐれもお身体を大切にお過ごし下さい。

参議院議員  郡 司  彰

それ以外の記事はこちら
▲ひたちなか市戦没者追悼式等に参列

いま一度   確かな歩みを

参議院議員 郡司 彰 3期18年のあゆみを
スライドショーでご覧いただけます。

2018年 8月12日

8/16
8/17
▲全国高等学校合気道演武大会(笠間市)
8/4
▲日立AP労組多賀支部にて
▲▼長崎平和祈念式典及び関連行事で
▲日立化成労組各支部大会で
▲JP労組各支部大会にて 
7/31
▲東中根自治会の皆さんが国会・公邸へ
▲各JA労組の大会で 
▲被爆73周年県原爆死没者追悼慰霊式で 
7/28
7/14
7/17
▲日立労組各支部等の大会にて
▲農業団体職員ソフトバレーボール大会で 
7/28
7/19
▲本会議で議長不信任案の表決 
SSL GMOグローバルサインのサイトシール
公式サイトの確認方法
通常国会終わる(2018.7.24)
国会が会期延長(2018.6.20)
ぐんぐんニュース№62より(2018.5.30)
国会会期末まで1ヶ月。(2018.5.21)
政権交代に向けての想い(2018.5.7)
先行き不透明な国会で(2018.4.19)
改ざん、隠蔽に揺れる国会。野党は新党協議へ(2018.4.10)
新年度予算が成立(2018.3.29)
▲原子力ユニオン大会で 
▲本間市長・山田村長が予算要望で来訪