3/28
▲モンゴル国国会大会議議長表敬
4/1
▲「若佐会」総会・懇親会
▲県選出国会議員と

 4月に入り国立社会保障・人口問題研究所から二つの調査結果が公表されました。
 5日には、50歳まで一度も結婚したことがない人が2015年に男性で4人に1人、女性で7人に1人いたことが分かった「生涯未婚率」で、2010年の前回調査から男女とも3%以上増えているとのことでした。
 私は以前から注視していた、就労形態別や年収別の資料を、内閣府(『平成28年度版 少子化対策白書』)から入手し、比較してみました。それに依れば、男性で30~34歳の場合、正社員で配偶者のいる割合は57.8%、非正規で23.3%、無職で10.2%でした。年収での割合は、800万円以上で約90%、300~399万未満で約55%、100~149万未満では約10%強となっています。

 10日には、2065年の人口は8,808万人とする「日本の将来推計人口」を公表。県は推計に基づき2060年の県人口を190万~241万人と試算したと報じられました。
 国の人口推計は、合計特殊出生率が変化すれば前提が崩れますが、各県の人口推計は社会的減少の見積もりによって結果は異なって来ます。
 いずれにせよ、少子化と地域活性化は政策の大きな課題として、待った無しに対応が迫られていることを改めて感じました。

 森友学園の本質的な問題は未だ解明されていません。ここでは関連して私の関心事について触れておきます。
 園児が教育勅語を暗唱している映像が流れて世論の関心を呼びました。別な映像で運動会の際に園児が、右手を挙げている事にはあまりメディアでは注目されませんでした。一般に、各国でナチス・ドイツの敬礼を連想させると言われているものと想われます。
 2013年にはギリシャの国内サッカーリーグの試合で選手がゴールを決めた後に、右手を斜め上に挙げて喜びを表現。このポーズが「ナチス式敬礼」だとして、この選手はギリシャ代表から永久追放処分を受けました。
 日本では、スポーツに限らず、また「スポーツ庁」に限定せず文科省として、宣誓の方法について指導や検討はこれまで一切行っていません。
 尚、夏の甲子園大会では50年代から、春は95年から宣誓時、手を挙げなくなっています。

 今年も桜が散れば、新緑の季節到来です。
 新しい年度も宜敷く願います。

4/6
3/14
▲オマーン国諮問議会議長表敬で

参議院議員  郡 司  彰

3/17
SSL GMOグローバルサインのサイトシール
公式サイトの確認方法
▲民進党県連躍進のつどいで
4/19
▲生前退位等について「とりまとめ」を手交
3/16
3/2
桜花満開。移動の季節(2017.4.3)
生前退位の衆参正副議長「とりまとめ」成る(2017.3.21)
春闘の季節到来(2017.3.6)
副議長就任から200日(2017.2.15)
立春。予算委で論戦続く(2017.2.8)
第193回国会始まる(2017.1.24)
恭賀新年(2017.1.1)
臨時国会が閉会(2016.12.19)
それ以外の記事はこちら
4/16
▲参議院議員OB・Gの総会・懇親会で

参議院議員 郡司 彰 3期18年のあゆみを
スライドショーでご覧いただけます。

2017年 4月12日
▲江田五月元参院議長肖像画掲額式で
▲ウクライナ最高会議議長の表敬
3/4
▲連合茨城春闘要求実現総決起集会で