7/5
7/22
7/20
▲連合茨城政治センターで挨拶
7/14
▲茨城県農協労連中執メンバーと
7/1
▲自動車総連・京三電機労組にて
▲連合茨城県西地協で
7/1
6/30
▲県北地区支援者の皆さんと懇談
6/29

全国的に梅雨が明けました。これから暫くは熱中症が心配となります。一方でこの間の大雨被害の復旧、復興に取り組んでいる被災者や自治体、更に関係者の事を想うとき、政治が最後まで寄り添う重要性も感じています。

 五輪の開会は23日ですが、連日のニュースは各国選手や関係者の入国ラッシュと併せ、バブル方式の限界も伝えています。
いざ開会となれば、日本人選手や各国のアスリートの熱戦に心躍る人も増えると想います。今こそ菅総理が何度も何度も口にしていた、国民の健康と安全が守られる万全の体制を取って頂きたいものです。

 西村大臣と菅首相が相次いで謝罪しました。金融機関に酒屋さんへの要請をした事を撤回しての事です。
私はこの問題は根が深いと想っています。農林水産副大臣及び大臣をしていた時に感じたのは、この国の行政に見られたペナルティとイジメの体質でした。例えば、減反に協力しない地域には、水利事業の予算を削る等です。
今回のコロナ禍の下でも、同調圧力や排除する動きがありました。こうした形は幕末・明治・大正・・・・令和へと続く、この国の悪しき官僚体質にも関係していると思えてなりません。そう感じています。

 枝野代表が「総選挙の投票日は10月3日と考えられる。」と発言していました。私の知らない情報を分析しての発言でしょう。いずれ、10月の第3日曜位までに執行されるのはほぼ確実。しっかりの準備で、本番を迎えるように努めて参ります。

 私は、17日に2回目のワクチン接種を終えました。近所の女性には吐き気など副反応が強く出ている方も居りますが、幸い私は何ともありません。その最中も、東京近県だけでなく、急速に感染が拡大しています。これまで後手で中途半端な対策がもたらした結果かも知れません。もう一度、マスクと共に不要な外出は控えていきたいものです。
暑い夏。元気で穏やかに乗り切りましょう。


   2021(令和3)年 7月19日

           参議院議員 郡 司  彰

7/6
▲茨教組鹿行支部にて
▲連合茨城県南地協、茨教組稲北支部で
▲昭和電工マテリアルズ労組下館支部で
7/1
▲日野自動車(株)古河工場
7/1
6/29
6/29
▲日立労組土浦支部で
▲日本中央競馬関東労であいさつ
6/30
▲JA常陸で秋山組合長と
▲JAM・東京製綱労組で
6/28
▲連合茨城中央地協の皆さんと
それ以外の記事はこちら
東京に4度目の緊急事態宣言。(2021.7.9)
沖縄「慰霊の日」に。(2021.6.23)
第204回国会、閉じる(2021.6.17)
コロナ禍、国会会期は延長を(2021.6.3)
新茶の季節に(2021.5.24)
「国民投票改正案」衆院で可決へ(2021.5.10)
参院補選長野へ応援(2021.4.19)
「協同労働推進議員連盟」が設立(2021.4.12)
▲水戸市・森のシェーブル館で
7/21
▲日立労組土浦支部大会に出席
▲富士フイルムオプティクス労組で
7/7

参議院議員 郡司 彰 3期18年のあゆみを
スライドショーでご覧いただけます。